テレビCMとは〜視聴率とルールの話。

我々コンサルタントにとって、参考にするテレビ視聴率の選択肢がいくつか増えてきています。視聴率と聞いて一番馴染みがあるのは「世帯視聴率」だと思いますが(昨夜の◯◯ドラマの視聴率は**%!などで見ますね)、テレビCMの世界ではこの世帯視聴率ではなくて「個人視聴率」が徐々に中心になってきています。また、録画して観られた「タイムシフト視聴率」も最近はよく耳にしますし、専門的には「CM視聴率」や「視聴質」というような指標も出てきました。

しかし、この視聴率で使われる数字や、もっと遡ると「テレビCM」に関わるいろいろな言葉などは、ちゃんと理解されないまま使われていることも意外と少なくないようです。今回は昨年、私がとある説明会で使用した資料を引っ張り出しながら、少しまとめてみます。説明会がいつの季節だったのかは覚えていないのですが、参加いただいた方は宣伝部だけでなく、営業や管理、製造部門の方もいらっしゃったと記憶しています。「テレビCMとは」を簡単にポンチ絵付きで解説しました。


テレビCM(テレビ広告)の変なルール

「変なルール」というのは関係者には失礼な気もしますが、自分自身も含めテレビCMに関わってきた人間には当たり前のこと(話)なんだけども、普通は知らないでしょう、興味ないでしょう、という意味合いです。これまでテレビCMに関わってきていない方々にもなるべくわかりやすいように書きました。

世帯視聴率と個人視聴率

馴染みがあるのは世帯視聴率。視聴率調査自体の歴史は大変長いですが、現代版の視聴率測定の開始は1997年からです。「ピープルメーター(PM)」という専用の機械で調査世帯からデータが収集されます。ピープルメーターですから個人に紐づいた測定が行われている訳ですが、視聴率の評価では個人でなく世帯が長らく使われてきました。それが近年では「世帯から個人へ」変わりつつあります。

この視聴率はテレビCMの世界では「GRP」という特殊な3文字略語で表されます。「1,500GRPのテレビCMを出すと1,500万世帯に広告が流れるの?」「世帯から個人に指標が変わるというのはメートルがヤードに変わったという感じ?」とご質問を受けたこともありますが、どちらも正しくありません。GRP自体は絶対数を示す単位を持っていませんし、世帯から個人への指標変化は二次元間の変化というよりも、二次元から三次元への変化と考える方が近しいです。言うなら、メートルから「リットル」に単位が変わる程の大きな変化です。

視聴率「1%」の番組にCMを「1本」流すと「1GRP」

でも、このGRPがそもそもわかりにくい。GRPは「グロス・レイティング・ポイント」の略号です(覚える必要はありません)。日常生活では触れない単位ですねw。でも、意外と覚えると簡単。視聴率が「1%」の番組にテレビCMを「1本」流すと「1GRP」と数えます。視聴率が10%番組にCMを100本流すと1,000GRPですし、1%の番組であれば1,000本流せば1,000GRP(それは大変そう・・)と、理屈上同じ量になります。

厄介なのはGRPが%であることです。つまり、GRPは実数を持ちません。視聴率1%(1GRP)は関東では20万世帯ですし、関西では約10万世帯となります。これは個人視聴率でも同じこと。したがって、放送エリアの異なる視聴率を足しあげることはできません。関東で100GRP、関西で150GRPのテレビCMを流しても「合計250GRP」にはならないということです。

テレビCMのフリークエンシー

この辺りから、話が少しややこしくなってきます。でも、広告業界以外の方にもわかりやすくなるように、できるだけ書きます。

テレビCMは1回だけターゲットに当たってもあまり効果がないという考え方があります。もちろん、耐久消費財など、何度も何度もテレビCMを見ることで、必要となった時に選択肢のひとつに加えてもらえることは十分に考えられます。では、このフリークエンシー(略語でFQと表記)とは何でしょうか?

FQはテレビCMが当たった頻度です。「回」で表します。そして、一定数以上のFQがある場合を「n+」と表記します。(例:FQ5回以上の場合は「FQ5+」)世帯でも個人でも構わないのですが1世帯(1個人)に対してテレビCMが1回当たった場合はFQ1回となります。同様に2回ならFQ2回。全くテレビCMが当たらなかった場合はFQ0回(未到達)となります。

*ややこしければ、1人(1世帯)にリンゴを1個あげる、でも同じです。

次のページ>>フリークエンシーの続き