Programmatica Inc.

It always seems impossible until it’s done.
Programmatica Inc.

Programmatica Inc.

Programmatica Inc.

Programmatica Inc.

It always seems impossible until it’s done.

会社概要

代表者プロフィール

書籍・執筆

プログラマティカ とは

プログラマティカ

プログラマティカ は2013年創業。マーケティング戦略へのコンサルティング、それらと連携するメディアプランニングや広告運用、キャンペーン測定と効果分析、そして新たな評価指標の設定など、広告主企業を中心にさまざまなマーケティング活動の支援を行ってきました。これまで培ってきた独自の知見やノウハウは、デジタル広告領域にとどまることなく、近年急速に進化をしているテレビ視聴データの活用やテレビCMプランニング領域でも生かされています。

プログラマティカ では、広告事業の新たなビジネスモデルと共に、各種企業のマーケティング支援を行っております。

これからのプログラマティカ

プログラマティカが考える「テレビCMのDXによる3つの市場機会」

 

しかし、これまでにはなかった、できなかった新たな可能性を広く、常に追求していくのがプログラマティカの創業以来の考え方。今後は広告事業だけでなく、新たな事業領域にも積極的に取り組んでまいります。

 

It always seems impossible until it’s done.

 

 

Progra-Blog

個人視聴率 からの考察(後編)〜測定の自立〜

今、「測定」が熱い。 前回の「個人視聴率からの考察(前編)〜コア視聴率〜」から少し時間が経ちました。後編では、テレビ評価の新たな指標となれるような整理を考えていましたが、なかなか難しい課題だなとあらためて感じます。もう少し多くのことを勉強・研究してみなくてはなりません。そんな中、前回の投稿とちょうど同じくらいのタイミングで、米国で以下のような "Look Book" が公開されました。 Look ...
Read More "個人視聴率 からの考察(後編)〜測定の自立〜"

テレビ視聴データ とCMバイイングに関するメモ

行動制限のないゴールデンウィーク(GW)は3年ぶりだったようですが、みなさんはどのようなGWを過ごされましたか? 私は家族と実家に帰省したり、三浦オフィスの近隣ですが油壺周辺を友人とバイクでツーリングしたり、久しぶりにのんびりとした時間を過ごせました。 さて、GW明けに向けて、資料などを少し整理していますと「 テレビ視聴データ とテレビCMバイイング」に関するメモが出てきました。たしか、今年の2月...
Read More "テレビ視聴データ とCMバイイングに関するメモ"

個人視聴率 からの考察(前編)〜コア視聴率〜

個人視聴率 が評価指標の主役へ テレビの世界で「 世帯視聴率 から 個人視聴率 へ」が注目されるようになって久しい。 ただ、 個人視聴率 自体はそもそも半世紀も前から存在していたし、調査精度を高めた現行方式に近い機械式の調査でさえも、その導入からすでに20年以上が経過している。ここでの久しいとは、そこまでの古い話ではなく、俗にテレビの基軸通貨といわれることもあるビデオリサーチ社が提供する視聴率以外...
Read More "個人視聴率 からの考察(前編)〜コア視聴率〜"

もっと広告主が SAS を活用したい理由

スマート・アド・セールス とは スマート・アド・セールス (SAS)は、 2020年2月に旧ASS(アドバンス・スポット・セールス)から名称変更し、日本テレビ以外にも、テレビ東京、フジテレビ、TBSの3局*が新たに参加して再スタートをしました。従来の番組提供やスポットCMに続く、テレビCMの新たなバイイング手法「 第三のテレビCM 」として注目を浴びています。   SAS は、様々なテレビ視聴デー...
Read More "もっと広告主が SAS を活用したい理由"

テレビCM を「総量評価する」大切さ

メインターゲットとサブターゲット テレビCM は、世帯視聴率で長らく評価をされてきました。しかし、近年は個人視聴率が整備され、徐々にそれが主要指標へと変わってきています。ですが、まだその使われ方は「個人全体」を基準とする取引単位までにとどまっています。広告主の設定ターゲットが個人全体、つまりオールターゲットであれば問題はないのですが、多くの場合そうではありません。通常は何かしらのターゲットを設定し...
Read More "テレビCM を「総量評価する」大切さ"

CM量ってどれくらいあるのか?

テレビCM量には上限がある ふだんテレビで見るCMには、いろいろな長さのモノがあります。よく見かける15秒や30秒CM以外にも、60秒や90秒、時には120秒という長尺CMに出会うことさえあります。面白いCMや、自分が興味のある商品やサービスのCMだといいのですが、そうでない場合はチャンネルを変えたくなります。購読料として我々も一部の費用を負担している新聞や雑誌などと違い、テレビはCM(企業からの...
Read More "CM量ってどれくらいあるのか?"

News

本社所在地を横浜市に移転

株式会社プログラマティカは、2020年12月21日付で本社所在地を東京都渋谷区から神奈川県横浜市に移転いたします。なお、業務は引き続きサテライトオフィスである「三浦オフィス|Programmatica Miura Office」との併用稼働...
Read More "本社所在地を横浜市に移転"

日経電子版コラムでSAS関連記事が掲載

現在、日経クロストレンド(日経BP社)で連載中の『SASはテレビCMの救世主になれるか』*(全4回)から、第3回が日本経済新聞の電子版コラムに転載されました。日経新聞読者のみなさまにも、ぜひご一読いただけると幸いです。 日本経済新聞電子版 ...
Read More "日経電子版コラムでSAS関連記事が掲載"

日経クロストレンドで連載スタート!

日経クロストレンド(日経BP社)において、SAS(スマート・アド・セールス)に関する連載『SASはテレビCMの救世主になれるか』がスタートしました。 第1回は、「テレビCMを欲しい分だけ自由に購入 SASがもたらす変革とは」と題し、タイム(...
Read More "日経クロストレンドで連載スタート!"

サテライト「三浦オフィス」

株式会社プログラマティカは、神奈川県三浦市に準備中であったサテライトオフィス「三浦オフィス|Programmatica Miura Office」を仮オープンいたしました。この三浦オフィスでは、広告事業の一部を本社との併用稼働とすると共に、...
Read More "サテライト「三浦オフィス」"

プログラマティカのMBOについて

株式会社プログラマティカ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:楳田良輝)は、本日2020年9月17日付で創業者&代表取締役である楳田良輝が、株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:戸村恵太)の保有する株式の全て...
Read More "プログラマティカのMBOについて"

JAA「電波委員会セミナー」に登壇

2020年2月12日(水)に開催される日本アドバタイザーズ協会様(JAA)の電波委員会主催セミナーにプログラマティカ代表取締役社長(デジタルインテリジェンス取締役社長)の楳田良輝が登壇します。登壇テーマは、2月3日からスタートした「 SAS...
Read More "JAA「電波委員会セミナー」に登壇"