Programmatica Inc.

It always seems impossible until it’s done.

Programmatica Inc.

Programmatica Inc.

Programmatica Inc.

何事も実現するまでは不可能に見えるものである。

プログラマティカとは

プログラマティカは2013年に創業、広告主企業を中心にマーケティング戦略へのコンサルティング、それらと連携するメディアプランニングや広告運用、広告キャンペーンの効果測定と分析、データ活用、そして新たな評価指標の設定などを行ってきました。メディアとも、広告会社やツールベンダーとも異なる自立した第三者機関としての立ち位置を大切にしています。

DXによるテレビ広告の3つの市場機会
DXによるテレビ広告の3つの市場機会
DXによるテレビ広告の3つの市場機会

プログラマティカでは、DXがもたらすであろうテレビ広告取引の新たな市場機会に注目しています。ひとつの例として、「サプライチェーン型」(垂直型)の一方通行的であった従来の地上波を中心とするテレビCMプランニングやバイイング・フローは、ストリーミング視聴の急増と、新たなテレビ視聴データや多様化する評価基準などによって広告主、メディア、広告会社、そして各種データなどを有する測定事業者が相互接続(連携)する「ブロックチェーン型」(自律分散型)のビジネススキームへ変化していくことになるだろうと考えています。

たしかに、日本国内では「放送」と「通信」の法制上の区分が明確で、制限がまだまだ多いという特殊な事情は持っています。しかし、米国や欧州とは環境はやや異なりますが、リニアTV(従来のテレビ放送)の総個人視聴率(PUT)は低下傾向が続く反面、ストリーミングによる視聴量は日々増加し、複数のプラットフォームと多様なデバイスによる視聴の断片化が顕著となってきている状況は同様です。もはや「テレビCM vs デジタル広告」の対立構図から、現下に合ったわかりやすい共通指標や統合的な仕組みへの変革が早期に求められています。

それらに対応すべく、海外では「マルチカレンシー」(多通貨の導入)や「インプレッション取引」(指標の変革)が大いに注目を集める中、国内のテレビCM取引は従来のままでいいのでしょうか。もちろん、これまでもメディアプランニングや成果を測定・評価するために、GRPをインプレッション数などに変換することはすでに行われています。例えば、デジタル広告と統一指標化してみるためです。しかし、未だ実数ではなく率を基準とするスポットCMの「GRP取引」が持つ課題はそれとはもっと別なところ、その先にあります。当然ながら、その解決は簡単なことではないでしょう。歴史あるテレビ広告の商習慣の中で大きな変革は難しいとおっしゃる方たちもたしかに多いです。ですが、今こそテレビの「本当の価値」を質と量で正しく見直す必要があるでしょう。

掛け合わせたターゲット設定を実数で見た場合
掛け合わせたターゲット設定を実数で見た場合

ここ数年、従来の「世帯視聴率だけだった時代」から、多種多様なテレビ視聴データの利用が可能となってきました。しかし、それらがテレビ広告の評価を十分に高めきれていない現状があるのも実態です。特に複数の個人視聴(率)を掛け合わせて使用するがゆえの「矮小化されるターゲット設定」などは、今後、ストリーミング視聴とリニアTVとの統合プランニングが不可避な現況において、その改善や対策は喫緊の課題であるといえるでしょう。
*図は新型RV車での矮小化されるターゲット例

 

・バイイング・パートナー(広告主企業) 
・インハウス・パートナー(テレビ局/動画配信プラットフォーム)
・プランニング・パートナー(広告会社/デジタルエージェンシー

 

これら3つの市場機会をはじめ、プログラマティカとしてのメソッドや独自のノウハウを最大限に活用し、パートナー企業とも連携しながら、各種企業へのマーケティング支援を行っています。これまで培ってきた知見は、デジタル領域のオーディエンス・ターゲティング技術を従来のテレビ(リニアTV)とストリーミングのコンテンツや広告と融合させていく「コンバージドTV」(Converged TV/Convergent TV)、さらに急速に進化している「リテールメディア」(Retail Media)の購買データなども活用する規模と精度の両方を兼ね備えたエコシステムや新たな事業モデル開発などに生かされています。

 

プログラマティカが提唱する「テレビ×ストリーミング」時代の評価の考え方
プログラマティカが提唱する「テレビ×ストリーミング」時代の評価の考え方

 

It always seems impossible until it’s done.

Programmatica logo

 

プログラBLOG -Pick up-

ブログを不定期に更新しています。

国内でもインプレッション取引が始まるのか?

インプレッション取引がテレビ広告を変える 2023年11月27日、日本テレビ(以下、NTV )が「地上波広告におけるリアルタイムなプログラマティック取引」を実現するためのアドプラットフォーム開発を行っていることをリリースした。そこには「視聴率に加えて『インプレッション』の指標化を検討する」とも記されている。ついに、国内でも「インプレッション取引」が始まるようだ。インプレッション取引とは広告表示回数...
Read More "国内でもインプレッション取引が始まるのか?"

米ローカル局はストリーミング時代にどう生きるのか?

数年ぶりですが「Inter BEE 2023」に行ってきました。Inter BEE全体としては、映像・音響用のプロ機材、バーチャルプロダクションの最先端テクノロジーなど、私には門外漢な領域も多いのですが、今回は興味のあるトークセッションが日を跨いでいくつかありました。千葉への一人旅がてら、宿泊もして3日間通しでの参加です。Inter BEEに関するレポートなどは、おそらく各所から詳しい良いまとめが...
Read More "米ローカル局はストリーミング時代にどう生きるのか?"

テレビCMの「インプレッション取引」を考察する

代替通貨は早期に求められている 米国での「テレビ視聴測定に関する変革の波」や「テレビ取引における代替通貨」については、このプログラBLOGで何度か取り上げてきましたし、日経クロストレンドにご掲載いただいた連載でもご紹介しました。しかし先日、Nielsenが2020年に発表していた「C3/C7*1の2024年9月での完全廃止」を撤回するとのニュースが突然あり、関係者を驚かせました*2。 *1 放送日...
Read More "テレビCMの「インプレッション取引」を考察する"

IAB「リテールメディア・バイヤーズガイド」

リテールメディアを学ぶ リテールメディア(Retail Media)はデジタル広告の一形態で、小売事業者(Retailers)のeコマースプラットフォームや実店舗内で、ブランド企業(Brands)が自社の製品やサービスをプロモーションすることを可能にします。ターゲティング広告やスポンサードコンテンツを利用し、小売事業者の顧客がサイトを閲覧したり、実際に商品を購入したりする時に表示されます。リテール...
Read More "IAB「リテールメディア・バイヤーズガイド」"

FASTチャンネル数の最新状況

FASTの成長は継続的 これまで過去2回「 FASTを知る 」と題し、ご紹介してきた FAST (Free Ad-supported Streaming TV/広告付き無料ストリーミンTV)。その注目は米国だけにとどまることなく、欧州でもさらに高まってきています。日本国内は今後どうなっていくのでしょうか。 さて、プログラBLOGでこれまで数多く参考に、引用もさせていただいているVariety In...
Read More "FASTチャンネル数の最新状況"

CTV広告に関する米広告主の意識調査

CTV広告主の8割がゴールデンタイム並みに評価 TEGNA Inc.(NYSE: TGNA)が2016年に設立し、米国の地域およびローカル広告主向けのプレミアムなコネクテッドTV広告(以下、CTV広告)ソリューションのリーディングカンパニーであるPremionが、2022-2023シーズン上期終了時点(2023年3月)での「CTV広告に関する米広告主の意識調査*」を実施、結果を公表しました。今回は...
Read More "CTV広告に関する米広告主の意識調査"

FAST を知る〜 広告付き無料ストリーミングTV とは

拡大した FAST 市場 米国で急速に成長してきた FAST (Free Ad-supported Streaming TV)は、従来からある AVOD(Advertising Video On Demand)のように視聴者が選択したコンテンツを「最初から観る(再生する)」のではなく、リニアTV(従来のテレビ放送)と同様に 現在放映している番組をリアルタイムに視聴するストリーミングサービス です。...
Read More "FAST を知る〜 広告付き無料ストリーミングTV とは"

米国のテレビ視聴測定に関するメモ

米国の テレビ視聴測定 に関する動き 現在、米テレビ業界における最大の課題は「測定」であると、4大ネットワーク*のひとつであるNBCを運営するNBCユニバーサル(以下、NBCU)が、2022年2月に公開したレポート「測定フレームワーク・ルックブック」(Measurement Framework Look Book V1)の冒頭では報告されています。そのNBCUの テレビ視聴測定 に関するレポート概...
Read More "米国のテレビ視聴測定に関するメモ"

テレビ視聴データとCMバイイングに関するメモ

テレビ視聴データ と テレビCMバイイング 行動制限のないゴールデンウィーク(GW)は3年ぶりだったようですが、みなさんはどのようなGWを過ごされましたか? 私は家族と実家に帰省したり、三浦オフィスの近隣ですが油壺周辺を友人とバイクでツーリングしたり、久しぶりにのんびりとした時間を過ごせました。 さて、GW明けに向けて、資料などを少し整理していますと「 テレビ視聴データ とテレビCMバイイング」に...
Read More "テレビ視聴データとCMバイイングに関するメモ"

NEWS

プログラマティカからのお知らせです。

MarkeZineプレミアムセミナーに登壇 7/29

2024年7月29日開催のMarkeZineのプレミアムセミナーに登壇が決定しました。     テレビはどう生き残るか?──鍵を握る「インプレッション取引」を成功させる仕組みとは── 5月上旬から中旬にかけて、関東キー局...
Read More "MarkeZineプレミアムセミナーに登壇 7/29"

インプレッション取引PoCプロジェクトを発足

PoC(概念実証)のためのプロジェクトを始めます。 プログラマティカでは、かねてより取り上げてきました国内のテレビ広告取引における「インプレッション取引の導入」に関しまして、新たなプロジェクトを発足します。「インプレッション取引PoCプロジ...
Read More "インプレッション取引PoCプロジェクトを発足"

インプレッション取引を研究する会を開催

GRP取引に代わる新たなテレビ広告取引へ 先のプログラBLOG「テレビCMの『インプレッション取引』を考察する」では、国内テレビ取引の代替通貨の必要性についてご紹介しました。その中では、現在の視聴率をベースとするGRP取引にはいくつかの課題...
Read More "インプレッション取引を研究する会を開催"

ウェビナー「CTV時代のテレビCM」に登壇

*本ウェビナーは終了しました(2024年1月30日) 講演資料が以下よりダウンロード可能です。 https://www.programmatica.co.jp/granddesign_seminar_download/ テレビCMの「インプ...
Read More "ウェビナー「CTV時代のテレビCM」に登壇"

日経クロストレンド連載②「テレビ取引の代替通貨」

日経クロストレンド(日経BP社)において、米国のテレビ広告ビジネスにおける「測定の変革」や「代替通貨の必要性」に関する連載『テレビ広告取引の「代替通貨」論』をスタートしました。 第1回は「視聴測定で揺れる米テレビ広告 ニールセンが認定停止の...
Read More "日経クロストレンド連載②「テレビ取引の代替通貨」"

本社所在地を横浜市に移転

株式会社プログラマティカは、2020年12月21日付で本社所在地を東京都渋谷区から神奈川県横浜市に移転いたします。なお、業務は引き続きサテライトオフィスである「三浦オフィス」との併用稼働となります。   <お問い合わせ先>株式会社...
Read More "本社所在地を横浜市に移転"