広告主がSASを活用したい理由

第三のテレビCM『スマート・アド・セールス(SAS)』とは

本ブログは、2020年2月12日に開催された日本アドバタイザーズ協会様(JAA)「電波委員会主催セミナー」で講演させていただいた内容を元に再編集しています。


『スマート・アド・セールス(SAS)』は 、2020年2月より旧ASS(アドバンス・スポット・セールス)から名称変更し、また日本テレビ以外にも、テレビ東京、フジテレビ、TBSの3局が新たに参加して再スタートをしました*。従来の番組提供やスポットCMに続く、テレビCMの新たなバイイング手法、「第三のテレビCM」として2020年とても注目を浴びています。

<2020年7月17日現在の参加テレビ局は以下の通り>

関  東 日本テレビ(NTV)、テレビ東京(TX)、フジテレビ(CX)、TBSテレビ
関  西 読売テレビ(YTV)、毎日放送(MBS)、朝日放送(ABC)
名 古 屋 中京テレビ(CTV)、CBCテレビ
北部九州 福岡放送(FBS)


SASは、様々なテレビ視聴データを基に「15秒CMを1本単位」で購入できる新たなテレビCM商品で、従来の番組提供(タイム)やGRP購入(スポット)とも異なる画期的なバイイング手法です。放映日時、番組、本数、金額を、自社のキャンペーンタイミングなどにピッタリと合わせ「欲しいモノを」、「欲しい時に」、「欲しい分だけ」自由に購入することできます。海外では「チェリーピッキング」などとも呼ばれるこの新しい枠単価セールスは、テレビCMおよびテレビCMバイイングの世界に今、大きな変化をもたらそうとしています。

画像1

広告主がSASを活用したい理由(期待するワケ

 ①人数ベースで見たコスト効率の高さ(テレビの再評価)
 ②低コストや短期間でも効果的な露出も可能(瞬発力)
 ③局毎だった最適化が複数局をまたいで実施可能(進化)
 ④オーディエンスデータでの枠指定購入(次世代型)
 ⑤不在だったミドルファネル訴求に使用(新しい役割)
 ⑥テレビ×デジタル統合戦略の進歩(シームレス化)
 ⑦プライバシー保護問題の影響(喫緊の課題)

次のページ>>①人数ベースで見たコスト効率の高さ