テレビCMの新時代が始まった。

スマート・アド・セールス(SAS)の登場

テレビCMの第三の選択肢、ASS*1(アドバンス・スポット・セールス)開始から2年、当初からこの新しいCMバイイング方法に注目し、2019年4月に「枠ファインダ*2」が採用されてからは実際にクライアントにもご活用いただいています。しかし、枠ファインダをそのまま利用するだけでなく、当社独自の活用方法も模索してきました。

当社はデジタルマーケティングのコンサルティングを生業としています。その中でテレビセカンドオピニオンとして従来の視聴率以外にも、サードパーティが提供する「CM視聴率」や「視聴質データ」など、幾つかの新しいテレビ視聴データを用いて、これまでに無い分析レポートやテレビCMの活用コンサルティングなどを数多く提供してきたからです。 >> 

エリアアロケーションを考えてみる。

最適なアロケーション比率は?

最近多くなってきたご相談が「テレビ×デジタルの最適アロケーション比率は?」です。しかし、プログラマティカでは、テレビCMとデジタル広告の最適なアロケーション比率を最初に求めるのではなく、まずはブランドやキャンペーン毎に各エリアに対する広告予算のアロケーションが行われた上でさらにテレビCMとデジタル広告の予算比率の最適化を行うべきという考え方を持っています。

全国均一にテレビ×デジタルの広告予算のアロケーションを行うことは少々乱暴であるとアドバイスをさせていただいています。今回は、その「エリアアロケーション」をテーマにまとめてみたいと思います。 >> 

テレビCMとは〜視聴率とルールの話

視聴率と聞いて一番馴染みがあるのは「世帯視聴率」だと思います。ネットニュースなどで「昨夜の◯◯ドラマの視聴率は**%!」などとよく見ますね。しかし、テレビCMの世界ではこの世帯視聴率ではなく「個人視聴率」が徐々にその中心になってきています。また、録画して観られた「タイムシフト視聴率」も最近はよく耳にします。我々コンサルタントにとっても、参考にするテレビ視聴率の選択肢がいくつか増えてきています。専門的には「CM視聴率」や「視聴質」というような指標も出てきました。

しかし、この視聴率で使われる数字や、もっと遡ると「テレビCM」に関わるいろいろな言葉などは、ちゃんと理解されないまま使われていることも意外と少なくないようです。今回は過去に、私がとある説明会で使用した資料を引っ張り出しながら、少しまとめてみます。 >> 

JAA「電波委員会セミナー」に登壇

2020年2月12日(水)に開催される日本アドバタイザーズ協会様(JAA)の電波委員会主催セミナーにプログラマティカ代表取締役社長(デジタルインテリジェンス取締役社長)の楳田良輝が登壇します。登壇テーマは、2月3日からスタートした「SAS(スマート・アド・セールス)について」です。

SASは、欲しいモノを、欲しい時に、欲しい分だけ買うことができるテレビCMの新たな枠単価セールスで、海外では「チェリーピッキング(いいとこ獲り)」などと呼ばれることもあります。タイム、スポットに続く「テレビCMの第三の選択肢」として、今後さらに注目が高まっていくことでしょう。当日は、広告主視点でのSASを活用していきたい理由、その活用方法などを解説していきます。 >>