テレビのプログラマティック取引予測

プログラマティック取引に向かうテレビCM

2020年2月に始まった「スマート・アド・セールス」(以下、SAS)。この視聴データを基にする新しいテレビCMバイイングの価値が広告主にも受け入れられるようになると、SASの需要は必ず高まるはずである。しかし、需要の高まりは価格の高騰と同義である。テレビCMは、民放連基準で「総放送時間の18%以内」という上限があるため、その影響を特に受けやすいと考えられる。 >>  続きを読む

CM量ってどれくらいあるのか?

ふだんテレビで見るCMには、いろいろな長さのモノがあります。よく見かける15秒や30秒CM以外にも、60秒や90秒、時には120秒という長尺CMに出会うことさえあります。面白いCMや、自分が興味のある商品やサービスのCMだといいのですが、そうでない場合はチャンネルを替えたくなります。

購読料として我々も一部の費用を負担している新聞や雑誌などと違い、テレビはCM(企業からの広告費)がないと放送自体が成り立たないとわかってはいても、そこは人の性(さが)、やはりCMを避けたい気持ちになることも少なくありません。 >>  続きを読む

日経電子版コラムでSAS記事の掲載

現在、日経クロストレンド(日経BP社)で連載中の『「SAS」はテレビCMの救世主になれるか』(全4回)から、第3回が日本経済新聞の電子版コラムに転載されました。日経新聞読者のみなさまにも、ぜひご一読いただけると幸いです。

日本経済新聞電子版 2020年12月7日
コラム(テクノロジー)

新広告購入手法「SAS」 広告主やテレビ局の課題とは

*SAS:スマート・アド・セールス(第三のテレビCMバイイング手法) >>  続きを読む

テレビCMの「総量評価」の大切さ

テレビCMのメインターゲットとサブターゲット

テレビCMは、世帯視聴率で長らく評価をされてきた。しかし、近年は個人視聴率が整備され、徐々にそれが主要指標へと変わってきている。だが、まだその使われ方は「個人全体」を基準とする取引単位までにとどまる。広告主の設定ターゲットが個人全体、つまりオールターゲットであれば問題はないのだが、多くの場合そうではない。通常は何かしらのターゲットを設定する。そういった面ではターゲット効率を試算する各種データが整ってきたので、CPM(1,000人あたりの視聴単価)や1視聴あたりの単価などは算出可能で、デジタル広告との効率比較などは可能になってきている。 >>  続きを読む